子供は徐々に大きくなっていき、そしてある程度の大きさになると私たち家族にとってかなり迷惑になるような行為ばかりを行うのが定説と言えるでしょう。うちの子供も例外ではなく、頻繁になんらかのイタズラをしてきます。そんな子供が最近になって行っているイラズラが、トイレで余計な遊びをするというものです。そしてその遊びの延長で、何度もトイレを詰まらせてしまいます。これには本当に迷惑しているのが現状です。

子供はどのようにしてトイレを詰まらせているのかというと、一番ベタな方法ではありますが、トイレットペーパーを大量に便器に投げ込んで、それを無理やり流そうとする方法です。よくティッシュペーパーを流してはいけないと言われていますが、トイレットペーパーでも流す量が多ければ確実にトイレは詰まります。それをわかってかわからずか、子供は頻繁にそのような行為を行ってしまうのです。

子供がトイレットペーパーを流しまくって、トイレを詰まらせてしまうたびに私がラバーカップでトイレの詰まりを解消するようにしています。ただ、ラバーカップでその詰まりを何事もなく無くせるのであれば良いのですが、その詰まり方が酷い場合、ラバーカップを使用するたびに詰まって流れない水が外に飛び出るという二次被害が起こっていますので、それもまた私にとっては大きな痛手になります。なにせトイレの中の水が飛び出てしまうと、それをまた掃除しなければならないですからね。

もう少し子供が大きくなれば、トイレを詰まらせてはいけないということを理解するのでしょうが、まだ判断力がほぼ無い状態ですから、トイレを詰まらせることが楽しくて私たちが迷惑をしていることについては全く意識できていないのでしょう。いつまでこんな生活が続くのかわかりませんが、早く子供が成長して判断力がつき、トイレの詰まりを無くす努力を行わなくていい日々が来るのを今か今かと待ちわびています。

Categories: 未分類 0 like